フランチャイズの注意点?!

フランチャイズの注意点記事

ゴーストレストランの業態でも、フランチャイズ形式で加盟店を募集する会社が増えてきました。

フランチャイズとは、
本部が加盟店に、商標、商品サービス、営業ノウハウ等を提供し、
加盟店がその対価として、ロイヤリティー、加盟金等の費用を支払う、

というシステムになります。

フランチャイズでの展開をしている本部企業は、正直、
ピンからキリ
まであります。
ですので、
フランチャイズでゴーストレストランの店舗を出店する場合
は、
そのフランチャイズ本部が、質的に、対価に見合う内容を提供してくれるかを見極める必要があります。

また、ある程度しっかりした加盟店本部であっても、全店黒字というケースはレアケースです。
フランチャイズに加盟した後、仮に赤字が続いたとしても、加盟店は、独立した企業体ですので、そのフランチャイズを選択したことも含めて、最終的には、加盟した企業の責任となります。
とはいえ、明らかに、あまりよろしくないフランチャイズ本部もありますので、下記におもだった注意点について説明します。

提供している商品(メニュー)が魅力的かどうか(競争力があるかどうか)

お客さんが、数あるお店の中から、その商品(メニュー)を選んでくれるかどうかが、売上げに直結します。
価格面も含めて、競合先も多くある中で、競争力がある商材かどうかが、最も重要なポイントになります。

商品開発力があるかどうか

メインとなる商品(メニュー)の他に、継続的に、新しい商品を開発してく体制があるかどうかも、大きなポイントになります。
定番商品が大切ですが、それ以外の商品(メニュー)についても、季節メニューなど、継続的に新メニューを開発してくれる本部だと、それが、安定した売上げにもつながります。

集客のノウハウがあるかどうか

フランチャイズ本部の中には、食材の卸しの利益が目的のような会社もあります。
ただ、フランチャイズにおいて重要なノウハウのひとつが、
お客さんをあつめてくる集客ノウハウ(営業ノウハウ)
になります。

ゴーストレストランにおいては、ウーバーイーツ、出前館などのフードデリバリーサービス経由の注文をいかに獲得するか、その為のノウハウとなります。
しっかりした本部は、そういったことも含めて、ノウハウの開発をしています。

収益モデルは信用できるかどうか?

フランチャイズの加盟説明の際は、通常、
収益モデル
の説明があります。
この数値が、単なる想定のものなのか、実店舗のものなのかで、その本部の姿勢が伺えます。

しっかりとして実績があって、その数字をもとにして、収益もデルを開示しているという点と、複数の店舗の収支を開示しているかどうかという点はチェックしておくべきと言えます。

ロイヤリティーなどの諸条件

フランチャイズ本部に支払いが発生するものとして、
・加盟金
・研修費
・ロイヤリティー
・システム使用料

などいくつかの項目があります。
加盟金などの初期費用の金額も重要ですが、ロイヤリティーなど、毎月発生する金額も、負担が大きいと、利益が出しづらくなります。
通常、ロイヤリティーは、売上げに対するパーセンテージになりますが、システム使用料などの固定費で発生するものもあります。
また、本部によってが、イメージキャラクターを使用する際にも費用が発生するケースもあります。

ですので、どれくらいの費用が必要となるかも細かくチェックしておくほうが良いと言えます。

スーバーバイジングについて

フランチャイズに加盟した後の本部からの経営支援は、通常、
スーパーバイザー
と呼ばれる担当者が、その業務にあたります。
フランチャイズ本部によっては、スーパーバイザー業務をほとんど行っていないようなケースもあります。
どのような内容で、スーパーバイザー業務を行っているかも確認しておきましょう。

契約条件について

加盟を具体的に検討する際は、
契約条件
を細かくチェックされることをお勧めします。
契約書の内容は、基本的には、本部有利の内容となっています。
ですので、それが許容範囲かどうかを事前に確認することは、リスク管理の意味合いからも重要です。

まとめ

上記以外の注意点もありますが、主だった項目について、記載しました。
ただ、まだ実績の少ない、体制が整っていないフランチャイズ本部でも、
魅力的な部分があって、加盟店になってうまく経営できる自信がある
ようなケースでは、不足している部分があっても、トータルで加盟を判断することもあります。

要は、フランチャイズ本部が弱くても、逆に加盟店の経営力があれば、うまくいくような場合もあるということです。
ただ、前提としては、本部の経営姿勢は、見極める必要はあります。

問題なのは、加盟店側も飲食店経営の経験があまりなく、フランチャイズ本部も体制不備のようなケースです。このような場合は、かなりリスクの高い結果になってしまいますので、要注意と言えます。

以上、フランチャイズの注意点についての説明でした。

タイトルとURLをコピーしました