高級な「のり弁」専門店という、ユニークで新しいビジネススタイル

高級な「のり弁」専門店店舗

高級な「のり弁」専門店という、新しいビジネス

「のり弁」といえば、ほか弁の300円台のお得なお弁当を連想します。

でも、素材にこだわった
高級な「のり弁」
が人気のお店があります。

刷毛じょうゆ 海苔弁山登り 築地直売所
(銀座、築地、東京駅、新橋駅)

厳選した素材を使って、価格1,080円ほどしますが、行列なできるほど人気です。

商品は、3品目に絞り込んでおられます。

定番の焼き鮭の「海」という名称のお弁当は、大きな身の「鮭」の他、大きな磯辺あげものっています。
また、ごはんの上の「海苔」はもちろん、ごはんの中にも「海苔」が敷いてあり、2段重ねになっています。

その他にも、
「鶏肉の照り焼き」の「山」というお弁当

「れんこん大葉もち」がメインの「畑」というお弁当
の3品で、どれも、
品のある高級感を感じる仕上がり
です。

「のり弁」という人気のある商品を
高級化
することで、
新たな需要
を生み出していると言えます。

こういった考え方は、他の様々な商品、商材にも応用ができますね。

また、高級な「のり弁」のお店は、他にもあります。

海苔弁 いちのや(東京都千代田区)

食べログはこちら

こちらは、メインのメニューは「海苔弁」と、「海苔弁(秋)」の2種類のみで、1,000円です。(追加のおかずメニューが何点かあります)

従来からある人気商材を、別の視点で再構築して、商品化することも、ビジネスの着眼点として参考になります。

ほっかほっか亭が、のり弁を広めた

「のり弁」「ほっかほっか亭」は、株式会社ほっかほっか亭総本部が、フランチャイズの本部として運営していました。
その株式会社ほっかほっか亭総本部を、義兄の田渕道行さんと一緒に立ち上げたのは、栗原 幹雄さんです。
栗原 幹雄さんは、ほっかほっか亭を退社後、「フレッシュネスバーガー」を創業されてます。
「フレッシュネスバーガー」は、ハンバーガーもさることながら、メニューにビールもあって大好きなのですが、今は、コロワイドグループのレインズインターナショナル(牛角の運営会社)が株式を取得しています。
飲食業界は、目まぐるしいですね。

栗原 幹雄さんの書籍

 

まとめ

まとめ
・昔からある人気のある商品を、高級化することで、新たなニーズが見出せる可能性がある。
・高級化し、高価格で提供する為には、商品の品質の高さが重要になる。
・提供する際は、アピールしたい商品を絞り込んで、1点集中型の提案をすることが望ましい。

以上、高級な「のり弁」専門店という、ユニークで新しいビジネススタイルについてでした。

タイトルとURLをコピーしました