3ヵ月間のおすし学校「飲食人大学」と、「大和麺学校」 短期間で料理の勉強をして起業するというアイデア

「3ヵ月間の「すし学校」の飲食人大学」と、「大和麺学校」サービス

3ヵ月間のおすし学校「飲食人大学」と、「大和麺学校」

「すし学校」

通常、すし職人の世界は、何年もの修行期間が必要とされます。

そこには、
「技術の修得」
はもちろんのこと、
「仕事に対する心構え」
といったこと、学びます。
学ぶというより、修行に近いと言えます。

フランス料理の料理人の方も、フランスの現地で、複数の店舗で修行して技量を積み、日本で開業される方がたくさんおられます。

また、お相撲さんも、相撲部屋にはいって、「心技体」を鍛え上げられます。

本格的な技量を自分のものとする為には、長い期間が必要です。

そんな中、短期間でお寿司の技を短期間で身につけることを目指した
「飲食人大学」
というスクールがあります。

「寿司マイスター専科」というコースでは、

「3ヶ月でプロの寿司職人になること」を目標にした短期集中型の濃密なプログラム

と謳っています。

料理学校は、通常、1年~2年の場合が多いですが、それを3ヵ月に密度を濃くしているともいえます。

また、実績として、
3カ月の寿司学校の卒業生と生徒だけで運営されてる

鮨 千陽 (大阪市福島区)というお店は、ミシュランにも掲載されています。

それだけ、しっかりとした技量が身についていると推察されます。
教える先生のレベルも高いと思われます。


従来、長期間の修行が必要な職人の世界にも、このように、短期間で技術が修得できれば、その仕事を目指す人にとっては、ハードルが低くなります。
結果、業界も活性化すると良いですね。

「大和麺学校」

その他にも、麺業界で有名な学校があります。
株式会社 大和製作所 という製麺機の会社が運営している
「大和麺学校」
です。

ラーメン店、うどん屋さん、お蕎麦屋さんで、多くの繁盛店を輩出しているスクールです。
味の品質だけではなく、また、お店を出店する際の立地調査など、店舗運営も含めた内容を学べます。

大和麺学校

また、株式会社 大和製作所の社長の本も、独自の考え方が理解できて大変参考になります。


トップになりたきゃ、競争するな―なぜ、業界最後発企業が世界にとびだすまでに成長できたのか

  


金儲けを目指さない店だけが繁盛する—麺専門店が成功する、もっともシンプルな経営哲学
 
まとめ

・これまで、職人の世界で数年の修行が必要だった業界でも、短期間で学べる機関があると、その業界へのハードルが低くなる
・短期間で高いスキルを身に着ける為には、講師のスキルが重要
・卒業後のサポートも含めて、卒業生が成功する為の体制を考える必要があります

以上、「3ヵ月間の「すし学校」の飲食人大学」と、「大和麺学校」についての説明でした。

タイトルとURLをコピーしました