「自転車の移動販売」という古くて新しいビジネス

自転車販売サービス

自転車の移動販売について(古くて、新しいビジネス)

自転車での移動販売といえば、昭和の昔は、「お豆腐屋さん」がその代表です。
今は、「お豆腐屋さん」の移動販売も軽トラですね。

ちなみに、お豆腐の移動販売は、染野屋さんが有名です。

さて、いま、自転車の移動販売というビジネスは、どうなのでしょうか。

自転車の移動販売というビジネスのメリットと注意点

初期コストについて

自転車の移動販売というビジネス最大のメリットは、
「初期投資が低く抑えられる」
ということでしょう。
必要な設備は、移動販売用自転車やになります。
あとは、デコレーションや、あるいは、食品を扱う場合は、その為の設備も必要ですが、店舗を構えることに比べれば、各段に低コストです。
株式会社 中村輪業さんという会社が、移動販売用自転車を扱っておられます。

エコなビジネスモデル

動力が人力ということで、エンジンを使用しません。
そういった意味で、二酸化炭素の排出がないという点でも、
エコなビジネス
と言えます。
ちょっと、言い過ぎでしょうか。。

「自転車の移動販売」の注意点

また、注意しないといけないのは、食品を扱う場合、
「保健所の許可」が必要
ということです。
食品を扱う為「衛生管理」上の事項をクリアしなければなりません。
また、自転車の移動販売の場合、「行商」という扱いになり、自動車での移動販売より許可のハードルが高くなります。

許認可がとれれば、あとは、営業ということになりますが、
・商品
・価格設定
・エリア
・販売方法
などの方針を考えていくことになります。

よく、焼き芋やさんなどは、
きまった曜日のきまった時間に、きまった場所を回る
と言われてますが、移動販売独自のノウハウがあるのでしょう。

下記のような自転車販売のお店があります。
なかには、おしゃれな移動販売もあります。

自転車の移動販売というビジネスの事例

福岡 わらびもちの移動販売

一坪のコーヒースタンドと自転車屋台

自転車移動販売のワッフル店「夕焼けこやけ」

駄菓子 はしもと(高幡不動)のおじいちゃん

まとめ

・移動自転車販売は、低コストでの開業ができる
・食品の場合は、保健所の許可が必要(行商という分類)
・オリジナル性の高い商品で、リピートユーザーを確保できる商材が望ましい
・自転車での移動により販売エリアが限られる為、事前にエリア特性などの調査が必要

以上、「自転車の移動販売」という古くて新しいビジネスについての情報でした。

タイトルとURLをコピーしました