「入場料が必要な書店」という新しいビジネス

入場料制の書店店舗

入場料制の書店というユニークなビジネスモデル

入場料を支払って、ゆったりと本を選べる書店があります。
「文喫」という書店です。
(リブロという書店チェーンの会社が運営しています。)

入場料を払えば、
営業時間の午前9時から午後11時まで
の何時間でも滞在でき、
コーヒーやお茶も飲み放題
となっています。

専門書も数多くおかれ、在庫数が約3万点。

店舗内への滞在時間も長くなり、利用者のうち、約3~4割が本を購入され、売り上げにも反映され、好調の様子です。

書店に行く場合は、
購入する本が決まっている場合

新たな本との出会いを求めて
行く場合があります。

本好きの方の場合、後者のほうが多いでしょう。
知的好奇心を満たせる場所として、足を運びます。

そこでゆっくりと本と接することができることが、本好きユーザーにとっても魅力的ですね。

また、
2019年9月からは、
個人向けの定額制会員サービス「文喫定期券」(平日限定 月1万円)
というサービスも始まっています。
いわゆる、サブスクリプション方式のスタイルです。

書店数が減少していますので、これからの新しい書店の形として興味深いですね。

まとめ

・書店経営において、入場料という新たな収益がある
・ユーザーの滞在時間が長時間となり、それば結果、売上げ増というプラス要因となっている
・コーヒーやお茶も料金に含まれているが、本が汚れるリスクもある。  

以上、入場料1500円の書店という新しいビジネスについての情報でした。  

タイトルとURLをコピーしました