「2毛作というユニークな形」リスクをおさえたビジネスモデル!

2毛作というスタイル店舗

2毛作というユニークなスタイル

2毛作とは、本来は、
同じ耕作地で、1年のうち、時期をわけて2つの異なる農作物を収穫する
ことを意味します。

これが転じて、
同じお店で、時間帯などをわけて、異なる2つの業態を運営する
というスタイルを、「2毛作」と呼んでいます。

最初は、プロントというサントリーとUCC上島珈琲が共同出資のお店が、
昼間は、コーヒー
夜は、アルコール

というスタイルのお店をチェーン展開したことで、夜と昼の異なる業態のお店が認知されました。
私も、プロントができた際は、ちょっと生ビールを飲むのに気軽に利用できるので、仕事帰りにしょっちゅう利用していました。

昼と夜で業態を変えることで、
・メニュー構成
・客層
・単価
・リピーター

などの面で、プラスの相乗効果が期待できる面があります。

その反面、相性のよくない業態で2毛作をおこなってしまうと、
・食材ロス
・オペレーションの違いによる不効率化
・客層の違い
・お店の統一感の問題

など、結果的にデメリットのほうが大きくなってしまう可能性もあります。

下記に注意点と、2毛作のお店の事例について記載します。

2毛作の業態の注意点

それぞれの業態の相性

全く異なる業態を選択するのではなく、
・共通の食材
・共通するオペレーション
・近い客層

の業態で検討したほうが、リスクが少ないと言えます。

準備コストについて

コストは低くおさえたほうが良いので、現状の設備である程度まかなえる範囲での業態を考えると良いと言えます。
場合によっては、結果がでない場合、更に別の業態にチャレンジする必要もでてくる可能性もある為、なるべく費用がおさえられる業態での検討が望ましいと言えます。

需要と利益率について

立地環境によって、そのローケーションで需要が見込めそうな業態かどうか
とあわせて
そのターゲット層に、どれくらいの価格帯の商品を提供できそうか、その際、どれくらいの利益が見込めそうか
は、おさえるべき点になります。

補足;ゴーストレストランについて

近年では、ゴーストレストランという方法も注目されています。
ゴーストレストランの場合は、注文は、ウーバーイーツ、出前館などを活用しますので、
厨房施設
だけで対応できてしまいます。

ただ、注文をとる為の手段が必要となります。
その部分も自社で対応する場合もありますが、ゴーストレストランのFCに加盟するなどの方法もあります。
その場合は、加盟条件や契約上の縛りなども十分チェックした上での検討になります。

2毛作のお店の事例

洋食と、居酒屋の2毛作

昼は、洋食の「のれん」を出して、洋食のランチをメインに、
夜は、博多かわ串、高知餃子の「のれん」を出して、居酒屋業態
のお店です。

博多かわ串・高知餃子 酒場フタマタ 大崎店 (東京)

中華そばとやきとりの2毛作

店舗のファサードの大きな看板が、「デジタルサイネージ」看板になっていて、昼と夜で店名も違和感なく変更されてます。

博多やきとり 筑前屋 東陽町店

中華そば 満鶏軒

日曜日にお店の名前が変るお鮨のお店

ご主人が休みをとる日曜日には、お店の2番手の板前さんが仕切る「鮨 空(そら)」に屋号が変るというスタイルです。

「鮨 小野」

補足

2毛作向けのフランチャイズ

株式会社スパイスワークスHDという会社が、2毛作向けのフランチャイズをプロジェクト的に行っているようです。
下記に自社の店舗で実験店を運営してるという内容の記事が掲載されています。
九州産のカンパチを使ったメニューのお店です。
居酒屋など、夜主体のお店をされている場合、こういった展開も可能性があります。

プレスリリース

まとめ

・2毛作という業態は、既存の業態との相乗効果が得られる可能性がある
・相性の良い業態かどうかを十分に検討する必要がある
・近年は、ゴーストレストランという業態もあり、それらを含めた選択肢も検討すると良い

以上、「2毛作というユニークな形」リスクをおさえたビジネスモデル!についてでした。

タイトルとURLをコピーしました