ユニークなドーナッツのお店 新しいビジネスのヒントに

ちょっと変ったドーナッツのお店店舗

ちょっと変ったドーナッツのお店

たまに食べたくなるもののひとつに
ドーナッツ
があります。

ドーナッツの専門店には、メジャーなお店以外にも、
かなり特徴的なドーナッツ
を提供されているお店があります。

こどもおやつとしてだけではなく、コーヒーと一緒に大人も楽しめますので、かなり幅が広い商材ですね。
ちなみに、本場のアメリカのドーナッツは、かなり甘みが強いものが多いので、日本のドーナッツとの味の違いにびっくりします。
ある意味、私たちが普段食べているドーナッツは
日本的なドーナツ
とも言えます。

他にも、欧米の人が日本のマヨネーズを口にすると、やみつきになる人もいると聞きます。
欧米発祥の食材が、日本風になっても、また欧米の人がファンになるって、なんだかすごいですね。

さて、ドーナッツの専門店の中には、ちょっとユニークな形のドーナッツを提供されていて人気のお店がたくさんあります。

下記に一部を紹介します。

リトルベアマイスター(東京)

かわいい立体的なクマ型のドーナツです。
おなかの箇所は、クッキー生地になっています。

floresta

動物の形にデコレーションしたドーナッツなど、小さいお子さんも楽しめるメニューがあります。

HUGSY DOUGHNUTS(ハグジードーナツ)

オリジナルなドーナッツがたくさんあります。
なんと、三輪車で移動販売もされています。

やなかしっぽや(東京)
焼きドーナッツのお店。
形状は、「棒状」になっています。
猫のしっぽをイメージしているようです。

コエドーナッツ(京都)

つくりたてのドーナッツを、フォークとナイフで食べるというスタイルです。
果物をドーナッツの間にはさんだタイプのメニューなど、アレンジメニューが楽しめます。

まとめ

・ドーナッツは、ちょっとした手土産も含めて、安定した人気がある
・一定の周期で、豆腐ドーナッツや、米粉ドーナッツなど、いろいろなパターンのメニューが話題になる
・形状や素材も含めて、いろんたタイプのアレンジができ、商材としての可能性がある

以上、ユニークなドーナッツのお店 新しいビジネスのヒントにについての情報でした。
飲食店で新しいビジネスをお考えの際に、アイデアのひとつになる可能性もあります。

タイトルとURLをコピーしました