美容業界の新しいビジネスモデル「シェアサロン」

美容業界の新しいビジネスモデル シェアサロンサービス

美容業界の新しいビジネスモデル「シェアサロン」

美容業界で
シェアサロン
というスタイルが注目されています。

これは、簡単に言うと、フリーの美容師さんが、
所定の料金を払って(時間貸し等)、美容設備の整っているお店の一部を使い、自分のお客さんに対してサービスを行う
というものです。

「フリーの美容師さん」からすると、
自分のお店を持つには開業資金などの点でハードルが高いものの、こういったシステムであれば、コストを抑えつつ、働き次第で稼げる
といえます。

また、「お気に入りの美容師さんがいるユーザー」からすると、
その美容師さんがフリーになっても、こういったシステムを利用できると、引き続きサービスを受けることができる
というメリットがあります。

また、スペースの貸す側は、
・シェアサロン専門の店舗
の場合と、
・既存のサロンが、スペースの一部をシェアするタイプ
という2つのパターンがあります。

シェアサロン専門の店舗

シェアサロン専門の店舗は、下記の「GOTODAY SHAiRE SALON」という会社が有名です。
現在、首都圏と大阪、名古屋、、福岡などの主要都市で店舗展開されています。
シェアサロン専門ということで、フリーの美容師さんが働きやすいように配慮されており、また、ユーザーがネットから予約できるようになっています。

GOTODAY SHAiRE SALON

また、下記記事をみると資金調達にも成功されているようです。(2019/08/22)

フリーランス美容師向けのシェアサロンが2.6億円の資金調達 2022年秋までに100店舗を目指す

既存のサロンが、スペースの一部をシェアするタイプ

こちらの場合は、既存の店舗とユーザーを仲介する会社が間にはいります。
いわゆる
Airbnbのシェアサロン版
といったしくみで、
フリーの美容師と美容室の空きスペースをマッチングする
というサービスです。

このサービスを2016年に業界で先駆けて始めたのが、
airsalon
という会社です。名称も、Airbnbに似ていますがAirbnbとは関係ありません。

airsalon

既存の店舗を仲介することで、その店舗側も、従来の設備のまま売上げが見込めるというメリットがあります。

業界的には、もともと、既存美容室のスペースの一部を貸すということは、
面貸し、ミラーレンタル
といって、従来から行われていましたが、ネット活用の広がりで、それが新しいサービススタイルとなってリリースされた形と言えます。

技術の進展に伴って、
昔からあるサービスがひと回りして、新しいサービスとなった良い例
と言えます。

他の業界でも、昔からあるサービスが、ネットやITの活用で、新たなビジネスモデルとして魅力的なサービスになる可能性があります。
いろいろシュミレーションをしてみるとおもしろいですね。

まとめ

まとめ
・新規にお店を出店する場合は、資金的なハードルがかなり高い
・スペースをシェアするコストを抑えることができ、フリーランスの新しい働き方のモデルとして魅力的
・他の業界でも、同様のモデルが適応できる可能性もある

以上、「美容業界の新しいビジネスモデル シェアサロン」についての情報でした。

タイトルとURLをコピーしました