飲食店サブスクのメリットと注意点、新しいビジネスのヒント、

飲食店サブスクのメリットと注意点店舗

飲食店サブスクのメリットと注意点

サブスクとは、
サブスクリプション(Subscription)
の略です。
英語の意味合いとしては、
会費、定期購読、予約購読、同意、賛成、寄付金
といった内容になります。

通常、サブスクというと、
月額課金、定額制のサービス
という意味合いで使用します。

毎月課金されるサービスとしては、
ネットフィリックスなどの動画サービスや、amazonアンリミテッドという読み放題のサービスを含め、いろいろな業種でサブスクが導入されています。

近年は、飲食店でも、この
サブスク
を導入する店舗が増えています。

導入のケースと注意点などについて下記に整理します。

飲食店におけるサブスクのパターン

飲食店におけるサブスクでは、下記のパターンがあります。

■定額で利用できる範囲について
・一部のメニューに限定する
・全てのメニューを対象にする

■その利用頻度について
・回数を限定する(1日1回など)
・回数の限定をしない

■割引の方法について
・〇〇円割引
・指定されたメニューは無料

それぞれメリットデメリットがありますが、少なくとも、
採算割れすることのリスク
を回避するようにプラン設計する必要があります。

サブスクのメリット

サブスクのメリットとしては、
・来店頻度がアップする
・サブスクの対象商品以外のメニューを同時注文してもらうことによる売り上げが見込める
・定額費用×ユーザー数分売り上げが見込める
・仮に、サブスクを利用しない場合も返金する必要がない
といった点があります。

逆にデメリットとしては、
・他のメニューを注文しないユーザーが、1日に何度も来るような場合など、採算割れのリスクがある
という点です。

ですので、価格設定を含めたサブスクのプランの内容を、事前に十分検討しておくことが大切と言えます。
また、導入に際しては、先に、

テスト導入

を行って、内容をみて継続的に導入するかの方向性を決めるとよいでしょう。

事例

■ラーメン店

ラーメン店の場合は、例えば、
トッピングや餃子などのサイドメニュー
をサブスクで対応する事例があります。
サブスクで来店頻度をアップして、利益は、ラーメンのほうで確保することができます。
また、ばんからラーメンでは、トッピングのサブスクに加え、ラーメンのサブスクもあります。

ばんからラーメン
・トッピングパスポート 300 円/月 (1日上限1回)
・トッピング角煮パスポート 1,000 円/月 (一回のご利用につき1個まで)
・ばんからラーメンパスポート 6,800 円/月 (1日1杯のみ)

■カフェ

カフェの場合は、特定のメニューや割引といった方法があります。
いずれの場合も合わせてサイドメニューを購入してもらうことによる売り上げ増が期待できます。

coffee mafia西新宿
・Light 3,000 円/月 (指定のドリンク無料、その他のメニュー200円割引)
・Standerd 4,800円/月 (指定のドリンク無料、その他のメニュー200円割引)
・Premium 6,000 円/月 (全てのドリンク無料引)

■居酒屋

ドリンクを割引価格で提供するといった方法があります。

串カツ田中
ドリンクを199円で提供  500 円/月

丸亀製麺の事例

以前に、丸亀製麺でも試験的にサブスクのサービスがありました。
うどんの並みサイズが定額制になっていて、金額は、たしか、20杯分くらいの価格設定でした。
私も試しに利用したことがあるのですが、レジのおばちゃんに聞いたところ、
「1日何回も来るお客さんが結構いる。あなたは、まだまだ少ない」
と言われてしまいました。
どうやら、試験運用だけで終わったようです。

まとめ

・サブスクは、飲食店における来店頻度をアップさせる方法として効果的
・採算性のリスクもある為、プラン設定を十分吟味した上で、テスト期間を設けると良い
・コロナ禍の状況ですので、テイクアウトメニューも含めたプランの検討も必要

以上、「飲食店サブスクのメリットと注意点」についての情報でした。

タイトルとURLをコピーしました