「フレンチトーストの専門店」 専門店での起業アイデアのヒントに!

フレンチトーストの専門店店舗

フレンチトーストの専門店

フレンチトーストという言葉の響きが、なんとも、しゃれた感じがします。
やはり、
フレンチ
というワードに文化的なものを感じてしまうからでしょうか。

ただ、Wikipediaによると、

「フレンチトースト」の語源については、アメリカ合衆国で1724年にニューヨーク州オールバニの酒屋の店主ジョーゼフ・フレンチが命名した

とされています。
フランスじゃなかったんですね。
でも、この名称があったから、これだけ広まったとも言えます。
フランスでは、「パンペルデュ」と呼ばれているようです。

フレンチトーストの他にはない食感が、たまに食べたくなる理由になっているのでしょう。

ちなみにフレンチトーストの「専門店」は、全国に複数あります。
専門店でも、成り立つんですね。

全国各地のフレンチトーストの「専門店」としては、下記のような先があります。

CreativeFrenchToast by Room(姫路)

シンプルなフレンチトーストが、めっちゃおいしそうです。

Ivorish(福岡など)

フレンチトーストというより、フレンチトーストを使ったオリジナリティーのある料理、デザートといった感じのメニューがあります。

ハル&ハル(東京)

HPには、都内初のフレンチトーストの「専門店」とあります。
無添加にこだわった食材を提供されてます。

フレンチトースト専門店CafeFate(大阪)

ホテルでだされているようなフレンチトーストがいただけるカフェです。
ホテルの朝食バイキングのフレンチトーストもおいしいですが、めったに行きませんので、気軽に食べれるところがあるといいですね。

PAPAN GA PAN (パパンガパン) (金沢)

テイクアウト専門店です。
いろんな種類のフレンチトーストがあります。
冷凍されてますので、レンジでチンしてから食べます。

食べログ

補足

商売していく上で、
専門特化する
ということは、提供する側にとっても、ユーザーにとっても良いことです。

ユーザーにとっては、専門店では、他には味わえない品質のものが味わえる可能性が高く、また、お店にとっても、そのことで利用者に喜ばれ、また、経営的にも安定できる可能性が期待できます。

マネジメント的には、ランチェスター戦略の中で、
専門特化
することで差別化されるということが書かれています。
あまり、策略的に考えるすぎるのも良くないのですが、やはり、結果的に他にはないものが提供できると、お店の魅力度が増すことは間違いないですね。

マンガでわかりやすいです。ご参考までに(kindle版です) ▼

まとめ

・人気のあるメニューの専門店は、魅力度が高い
・シンプルなメニューの他、オリジナリティーのあるアレンジメニューで付加価値の高い価格設定も見込める
・テイクアウトメニューやオンラインでの販売も想定した展開も可能性が広がる

以上、「フレンチトーストの専門店」 専門店での起業アイデアのヒントに!についてでした。

タイトルとURLをコピーしました