「富士山盛り」とは? 大盛りというビジネスのヒント、、

「富士山盛り」とは?店舗

「富士山盛り」とは?

「富士山盛り」とは、
味奈登庵という、神奈川県を中心に展開されておりお蕎麦やさんの、
山盛りのざるそば
のことです。

味奈登庵さんには、フルサービスとセルフサービスの2つのタイプのお店があり、セルフサービスタイプのお店で提供されています。

その雄姿がこちら ▼

富士山盛り

※写真は、「B級グルメランチ紀行」サイトから引用

このボリュームで、500円です。
重量は約1KGあり、食べ応え十分です。

ちなみに、味奈登庵さんの社長がサラーリーマン時代に、お蕎麦が大好きだったのですが、値段も高いし、量も少ない、、。
それで、お蕎麦屋さんを開業されて、安くておなか一杯お蕎麦を食べてもらいたいと、この富士山盛りを提供されておられます。

確かに、一般的には、特に値段の割りには、量が少ないお蕎麦やさんが多いです。
正直、お蕎麦好きには、物足りない場合が多いですね。

また、
この価格設定

ビジュアル
もすばらしいです。

この一品に、
お店の考え方が集約
されているようです。

味奈登庵 HP

お店のポリシーを具現化したようなインパクトのあるメニューがあると、お客さんにも、伝わりやすいですし、結果、お店のファンになるお客さんも増えていくことが期待できます。

メガ盛りのお蕎麦屋さん

こちらは、調布市にある「若松屋」さんです。
メガ盛りで有名なお蕎麦屋さんです。

普通のお蕎麦やさんですが、近隣に大学が多こともあり、
各種メガ盛りメニュー
を提供されてます。

メガ盛り業界では、かなり有名なお店のようです。

その影響か、調布市では、街ぐるみのデカ盛りイベント
「デカ盛りウォークラリー」
も開催されて、地域の活性化にひとやくかっています。

そば処 若松屋
TV東京 旅グルメ

デカ盛りウォークラリー(2019年)

【参考】むじなそば、、とは

「たぬきそば」や、「きつねそば」はメジャーですが、
「むじなそば」
というメニューがあります。

むじなそば

※写真;そばデータベースより引用

これは、
甘辛い油揚げと、天かすがはいったおそば
のことです。
いわゆる、「たぬき」「きつね」をたして、「むじな」と呼んでいるんですね。

ちなみに、関西では、うどん文化になりますが、天かすいりのうどんのことは、「たぬきうどん」とは言わずに、「ハイカラうどん」と言います。
また、ややこしいのですが、京都では、あんかけのきつねうどんのことを、「たぬきうどん」と言います。
結果、関西では、天かすを「たぬき」と言わないので、「むじな」のうどんやそばも無いのです。。

まとめ

・お店のコンセプトを具体化したインパクトのあるメニューがあると良い
・ビジュアルもさることながら、ネーミングや価格設定も重要
・メガ盛り、デカ盛りというジャンルも根強いファンが存在する

以上、「富士山盛り」とは? 大盛りというビジネスのヒントにでした。

タイトルとURLをコピーしました