「既存店舗にプラスアルファする」というユニークで新しいビジネスのスタイル

既存店舗に「プラスアルファ」する業態店舗

既存店舗に「プラスアルファ」する業態


既存の店舗(ひとつの店舗)に、
別の業態のお店をプラスする形式
のビジネスモデルがあります。

例えば、
昼と夜の業態を変える、いわゆる二毛作といわれる形式
のスタイルです。

また、昨今のUber Eats(ウーバーイーツ)のを利用した宅配メインの業態の場合、
厨房のみのお店、
いわゆる、
ゴーストレストラン(バーチャルレストラン)
と呼ばれるスタイルでも対応できます。

もっとも、宅配業界では、
ピザやお寿司の宅配のお店
に、例えば、
釜めしのブランドを併設する
といったことが以前から行われていました。

いずれの場合も、
新たに店舗をつくるコストを削減
できますので、別のブランドでのサービスを設備投資を抑えて展開できます。
また、既存の店舗に隙間時間がある場合も、そういった時間の活用にも有効です。

昨今では、こういったビジネスを
FC(フランチャイズ形式)
で提案している会社もあります。

新しいビジネスを始める際に、既存の店舗を活用して、低コストで手掛けらる方法として、選択肢のひとつになります。
下記にいくつかをご紹介します。

「ばんから派出所」(ラーメン)

空いた時間を設備投資なしでラーメン屋に。

居酒屋などの店舗で、昼間の時間帯で「ラーメン」を提供するスタイルをFCで提案。
FC本部は、東京豚骨ばんからラーメン株式会社花研
株式会社花研の社長は、くるまやラーメンの創業者の息子さんです。

株式会社花研

東京からあげ専門店あげたて

からあげ専門店。
厨房のみのゴーストレストランで、UberEatsの配達可能エリアに出店。
店舗数が約150店舗です(2020年11月時点)

FC募集ページ

FC本部は、株式会社Globridge

淡路カレー(カレーは漢字です)

こちらは、淡路島の玉ねぎを使ったカレー。
居酒屋さんや、カフェなどの店舗に提案されています。
FCではなく、ライセンスでの契約スタイルです。
運営元は、株式会社ビープラウドという会社です。

ライセンスについて

まとめ

・既存店舗の設備や隙間時間を活用して、ひとつの店舗に、別の業態をプラスする方法があります。
・Uber Eats(ウーバーイーツ)などを利用する場合、厨房だけでの「ゴーストレストラン」という方法もある。
・いずれの場合も、設備などの投下コストをおさえて、別のブランドでのビジネスを始めることができる。

以上、「既存店舗にプラスアルファする」というユニークで新しいビジネスのスタイルについてでした。

タイトルとURLをコピーしました