埴輪(はにわ)関連グッズのビジネスとは? そもそも需要があるのか?

商品

埴輪(はにわ)ビジネスは、そのユニークな形に魅力がある?

古墳が作られた時代に、
たくさんの埴輪(はにわ)
が作られました。

あの抽象的なフォルムは、なぜか、我々の心に訴えかけるものがあります。
もちろん、その芸術性は世界的にも評価されています。

そういった背景もあり、
埴輪(はにわ)を模った商品
には、根強い人気があります。

置物はもちろん、文房具から、食品まで、その幅はかなり広いです。

自社の商品にも、「はにわ的なアレンジ」を加えることで、新たなユーザー層にも魅力的に写るようなものになるかもしれません。

下記に、気になる「はにわグッズ」を整理してみました。

はにわ型指サック「はにさっく」

ライオン事務器の商品です。
オフィス用品です。
従来の指サックって、なんだか地味な感じでしたので、こういうかわいい指サックがあると、いいですね。
「指サック」の別な形もいろいろできそうです。

はにわソックス


ミュージアムショップの商品です。
かなり、シュールな感じに仕上がっています。

はにわプリン

はにわ型の器にはいった「プリン」です。
大阪の会社が販売しているだけに、なんか、「おもろい」商品です。

カラオケもあります。

カプセルトイ「はにちくわ」

カプセルトイの会社にも、おもろいことを考える人がおりました。
「ちくわ型のはにわ」で、「はにちくわ」
はにわ好きのユーザーを狙ったのでしょうか。。

補足

古墳の時代に、ユダヤの人々は日本に来てました。
証拠の埴輪がこちら。
興味のある人は、ぜひ。

はにわをモチーフにしたグッズは、根強い人気があります。
多分、
日本人のDNA
がそうさせるのでしょう。
これ一本だと厳しいですが、既存商品のバリエーションのなかで、企画してみるのもおもしろいと言えます。

まとめ

・「はにわ」は、そのフォルムもあいまって、はにわ好きの人が意外に多い。
・小物から食品まで、はにわ要素の商品は多い。
・近郊に古墳があるエリアなどでは、関連づけた商品を企画してもおもしろい。

以上、埴輪(はにわ)関連グッズのビジネスとは? そもそも需要があるのか?についてでした。

タイトルとURLをコピーしました