「屋根と壁の位置がズレているお店」 お店を構えての起業には、建物のインパクトが必要!?

屋根と壁の位置がズレているお店店舗

屋根と壁の位置がズレているお店

千葉県の野田市に、少し変わったデザインの店舗があります。
どこか変っているかというと、
屋根の位置が壁に対してズレている
ということです。

ツイッターの写真をみると、こんな感じです ▼



少しわかりずらいのですが、
通常は、建物の壁と同じ方向に屋根のラインがあるのですが、このお店の屋根は、
建物の壁に対して、45度ズレて
います。

このことによって、
軒下スペースが広くなるという効果
が生まれています。

なんと、グッドデザイン賞も受賞されてます。
グッドデザイン賞ということは、いままでありそうでなかったデザインということがわかります。

下記サイトの写真をみると、そのスペースに
移動販売車
が置けるくらいのスペースができています。

個性的で、デザイン的にも特徴のあるお店だと、付加価値がつきますね。

グッドデザイン ベーカリー [トイット Tiny Bakery]


テナント物件の場合は難しいですが、自社物件として店舗を新たに設計される際は、店舗の構造的なデザインもさることながら、
軒下スペース
を広くとることも意識されると、ちょっとした催しにも使えたりします。
写真にあるように、移動販売の車がおけると、
お店との相乗効果
も期待できますね。

参考情報

スペースを活用した店舗としては、例えば、
駐車場を、
「駐車場」プラス「空中店舗」
として活用する方法があります。

特に都心部の場合は、土地活用の方法として有効です。

事業として手掛けられている会社に、下記があります。
ご参考までに。

まとめ

・店舗の軒下スペースが活かせる建物だとちょっとしたイベントスペースとしても使える
・店舗デザイン自体も、「グッドデザイン賞」が狙えると、話題性もあいまってかなりの付加価値となる
・テナント物件の場合も、実用性とデザインが両立した物件だと、空き室リスクが軽減するといえる

以上、「屋根と壁の位置がズレているお店」 お店を構えての起業には、建物のインパクトが必要についてでした。

タイトルとURLをコピーしました