中小企業向けのサブスクビジネス(定額制ビジネス)?!

中小企業向けのサブスクビジネス(定額制ビジネス)サービス

中小企業向けのサブスクビジネス(定額制ビジネス)?!

数年前から、サブスクビジネス(定額制ビジネス)を導入する企業が増えてきています。 
また、ユーザー側にとっても、付加価値の高いサービス内容のもの、ユニークなものも増えてきています。

サブスクは、英語のsubscriptionの略です。 
意味合いとしては、予約購読、会費といったものになります。 
そもそも、サブスクビジネス(定額制ビジネス)自体は、古くからあります。
例えば、月額の会員制の課金スタイルも、サブスクです。

ですので、そのビジネスモデル自体は、そう目新しいものではありません。
ただ、新しい視点を組み合わせて提案することにより、需要を喚起することができるという一面があります。

下記に、考察を進めるとともに、中小の事業者でも、その仕組みを応用できる部分がありますので、下記に順に説明していきます。

サブスクビジネスのメリット

なぜ、サブスクビジネス(定額制ビジネス)が再注目されているのかを考察すると、
これまで、定額制での提供がなかった商材、サービスを定額制にするケース
が増えているのにあわせて
定額課金の決済システムが整ってきている
という点が上げられます。

ユーザー側にとっても、
定額制にすることによるコスト的なメリット
があったり、
付加価値の高いサービスを決まった金額の中で利用できる
といったプラス面があります。

また、サービスを提供する企業側にとっての最大のメリットは、
毎月、決まった金額の売上げが期待できる
ということにより、
経営が安定する
という点が上げられます。
もちろん、離脱するユーザーもいますが、一定の割合で、確実に売上げが期待できますので、売上げが積みあがっていくという利点があります。
このことが、経営上、最大のメリットと言えます。

現在の事業をサブスクビジネス(定額制ビジネス)にする?!

これまでにない組み合わせで商材、サービスを開発するという方法の他、
現在、提供している商品、サービスを定額制にする
という視点もあります。

もちろん、商品、サービスの内容にもよりますが、現在提供している商材を、提供の仕方、価格体系を工夫することによって、
定額制にできる可能性
もあります。

もちろん、BtoBの業態の場合においても、月額定額制にできる可能性もあります。
ユーザーにとってもメリットのある月額課金設定
をすることで、定額制にできる可能性がでてきます。
単発で受注をもらっているようなケースでも、年間、数件の仕事が定期的にあるような場合、その可能性も広がります。

例えば、工場の空調工事で、年間数件の請負の仕事をしているようなケースの場合、年間、数件の受注があれば、
クライアントにもメリットのある形で月額課金制にする
といった方法もあります。

他にも、最近では、BtoB向けのテナントの仲介について、
月額課金(会員制)にして、毎回の仲介手数料を無料にする
といったサービスを行っている先もあります。
多店舗展開している飲食業の企業などは、月額課金があっても、トータルではコストダウンにつながります。

このように、BtoC、BtoBに限らず、現状、提供しているサービス、商品を定額課金で提供できる可能性があります。
一度、現在のサービス、商材にその可能性があるか見直してみると良いでしょう。

サブスクビジネス(定額制ビジネス)の注意点

中小企業向けのサブスクビジネス(定額制ビジネス)

サブスクビジネス(定額制ビジネス)を考える上での注意点としては、ユーザーにとっての、
価格的(コスト的)なメリットがあるかどうか

付加価値に魅力があるか
といった点が考慮されているかという点になります。

価格的(コスト的)なメリットには、例えば、
定額で使い放題
といったサービス内容の場合は、ユーザー側にもコスト的なメリットがあります。

例えば、昨年の日本サブスクリプションビジネス大賞の1位の「手ぶら登園」というサブスクモデルでは、保育園で紙おむつが使い放題になるというサービスです。
この場合は、利用する数が多くなっても、費用を気にせず利用できるので、ユーザーにとっても価格的メリットがわかりやすいと言えます。

日本サブスクリプションビジネス大賞

また、同様に上記で賞をとっている
subsclife(サブスクライフ)
は、デザイン性の高い家具や家電が定額で使用できるというサービスです。
こちらの場合は、コスト的なメリットというよりは、その付加価値に魅力を感じてもらうケースと言えます。

その他のサブスク事例

付加価値の高い商材のサブスク事例 

付加価値の高い商材のサービスとしては、腕時計の月額レンタルなども同様にジャンルとなると言えます。
コスト面というよりは、嗜好にプラスアルファのお金をかけるユーザーが対象となります。 

■腕時計レンタルサービス KARITOKE

 
上記はあくまで一例ですが、サブスクビジネス(定額制ビジネス)の場合、
定額制にすることで、ユーザーにとって、何が魅力になるのか?
という点を明確にしておく必要があると言えます。

一定の期間に必要になるような商材

例えば、サブスク事例としてあげられるもののひとつに、おもちゃ、知育玩具の月額サービスがあります。一定の期間に必要になるような商材であれば、同じようなパターンでの展開も考えられます。

■月額おもちゃレンタルサービス【イクプル】

お家時間向け

また、昨今の状況で、家にいる時間が多くなってきていますので、 
家の中で利用できる商品、サービス 
は、時流にあっていると言えます。 
例えば、大手ビールメーカーの提供しているサブスクでのビールサーバー利用もひとつの好例と言えます。 
また、大手だけでなく、中小のビールメーカーでも、下記のように、クラフトビールのサブスクといった方法も考えられます。 

■会員制ビール配送サービス【DREAMBEER】

サブスクビジネス(定額制ビジネス)課金決済

サブスクビジネス(定額制ビジネス)を始めるにあたっては、課金決済をどうするかが課題になります。昨今のある意味、サブスクブームもあり、月額課金のサービスを提供している会社も増えてきました。 
また、従来からある決済サービスで月額課金できる場合もありますので、すでに利用されている決済サービスがあれば、確認されても良いでしょう。 
月額課金できる決済サービスとしては、下記のような先があります。

基本、利用にあたっては審査があります。

■会費ペイ

最近、利用者数も増えているサービスです。
月額費用は、0円です。

■Square

アメリカ本社の会社で、有名な決済会社です。(アメリカでは上場しています)
月額課金の際は、「Squareのカード情報保存機能」と「Square 請求書の定期送信機能」を組み合わせて利用することになります。

■SubscLamp 株式会社ストアフロント

上記の日本サブスクリプションビジネス大賞に記載のあるサブスク決済の会社です。
ただ、手数料が15%(キャンペーン中5%)となっており、正直、手数料率が高いです。

まとめ

サブスクビジネス(定額制ビジネス)を始める際のポイントとしては、利用する際のメリットを考えて、そのコンセプトを明確にする必要があります。
コスト的な面がメリットになる場合もあれば、その付加価値を訴求する場合もあります。
また、その料金体系も、複数のパターンを用意することで、ユーザーも選び安く、また、利益率の高いサービスを組み込むこともできます。

以上、「中小企業向けのサブスクビジネス(定額制ビジネス)」についてでした。  

タイトルとURLをコピーしました