玉子直売所のスイーツ、6次産業というローカルビジネス事例

玉子直売所のスイーツ店舗

玉子直売所のスイーツ

各地に玉子直売所があり、新鮮な玉子が購入できて人気です。

そんな玉子直売所の中には、
玉子のスイーツ
を販売している先もあります。

材料に新鮮な玉子を使っているので、おいしいのもうなづけます。

ちなみに、生産者が直売所で加工品を販売する取り組みを、
6次産業
と呼んで、農林水産省でも支援しています。

6次産業の意味合いとしては、
農林水産の生産(1次産業)にに加えて、食品加工(2次産業)と流通・販売(3次産業)にも取り組み、それによって農林水産業を活性化させ、農山漁村の経済を豊かにしていこうとするものです。
1次産業に、2次産業(製造業)と3次産業(販売業)をかけ合わせるということで、
1×2×3=6
で6次産業と言われています。

農林水産省 農林漁業の6次産業化

加工の手間はかかりますが、2次加工した商品を販売することで、既存のユーザーがあわせて購入することが期待でき、あわせて、経営的にも相乗効果も期待できると言えます。

各地の玉子直売所のスイーツ

さて、玉子直売所のスイーツとして有名な先としては、下記のようなお店があります。

中条たまご(新潟)

プリンやシュークリームなど

北坂養鶏場(兵庫県淡路)

たまごまるごとプリンなど。

ユーチューブはこちら▼

卵菓屋(神奈川)

プリン、ロールケーキなどhttp://rankaya.jp/

たまごカフェ corrot.(宮城)

直営のカフェです。

食べログサイト▼

  

まとめ

・直売所での加工品販売は、新鮮な材料を使うことがアピールできる
・既存のユーザーに提供でき、経営的にも効率的といえる
・状況に応じて、一般のお店にも販路が広がる可能性もある

以上、玉子直売所のスイーツ、6次産業というローカルビジネス事例についてでした。

タイトルとURLをコピーしました