今、ガチャガチャビジネスが熱い ガチャガチャ専門のおもちゃメーカーとは、

ガチャガチャ専門のおもちゃメーカー商品

ガチャガチャ専門のおもちゃメーカー

ガチャガチャ専門のおもちゃメーカーとして起業された話題の会社があります。

株式会社トイズキャビン(静岡市)

起業は、17年1月で、当初は、お1人で会社を立ち上げられました。
(現在は、スタッフが2名に増えたようです)

ガチャガチャは、地域によって名称が異なります。

Wikipediaによると、

ガチャガチャ、ガチャポン、ガシャポン、ガチャ、ピーカップなど、時代や地域や販売メーカーによって様々な呼び方があるが、商標の関係からこれら全体を「カプセルトイ」と呼称している

とあります。

昭和の時代は、がちゃがちゃのおもちゃは、だまされた感があるものも結構混じってましたが、やはり、海洋堂のチョコエッグから、カプセルトーイのクオリティーが各段にあがってきました。

さて、トイズキャビンさんのがちゃがちゃですが、下記にあるように、かなりクオリティーが高いです。

トイズキャビン
トイズキャビン

これくらいリアリティーがあると、300円でも高くないですね。
ジオラマにも使えそうです。

小規模のメーカーですので、やはり、商品分野を絞るということは大切な視点のように思います。
有名な「ランチェスター戦略」でも、商品を絞るということは、弱者の戦略として重要なポイントであると説いています。

また、会社のポリシーは、ホームページのトップに記載されていますが、

「ガチャガチャに魂を吹き込む会社。」

です。
かっこいいですね。
やはり、どういったポリシーで事業を運営していくのか、それを明確にすることは重要ですね。

また、商品開発のサイクルとしては、下記のインタビュー記事によると、

自社ブランドアイテムを月に1つ、
他企業様からのご依頼のOEM生産を2か月に1つくらいのペースで開発

されています。

リソースも限られていますし、クオリティーの高い製品ですので、開発も時間をかけておられるのでしょう。

(参考)トイズキャビン山西さんインタビュー紹介

地方で、小規模なメーカーを起業する際の参考になります。

(参考)ひとりメーカー

がちゃがちゃの会社ではありませんが、トイズキャビンさんのように、
ひとりでも、メーカーとして会社を経営されているケース
があります。
下記に紹介します。

Bsize

ひとりメーカーとして有名な会社に、
ビーサイズ株式会社 ( Bsize Inc. )
という会社があります。

Bsize

2011年9月1日に設立の会社です。
当時は、LEDデスクライト「STROKE」が大変話題になりました。
この製品は、レッド・ドット・デザイン賞という世界的なデザイン賞を受賞しています。
この他にも、ワイヤレス充電器の「REST」という製品もドイツのiFデザイン賞を受賞しyています。
すごいですね。

製品の開発プロセスは、下記のWIREDの記事に詳しく記載されています。

メーカーのものづくりプロセスはひとりでも可能になった

UPQ

他にも、女性社長の「ひとり家電メーカー」の株式会社UPQ(アップ・キュー)という会社もあります。
こちらも、以前にスマートフォンの発売で話題になりました。
現在は、商品アイテムもいろいろ増えていますね。

※▼株式会社Cerevoという会社に吸収合併されてました、、(2020年12月21日)

株式会社UPQ(アップ・キュー)

まとめ

・ひとりメーカーで起業して、経営を軌道にのせておられる事例がある
・商品分野を絞り込んで、その分野で差別化をはかることが重要
・事業の方向性を明確にするため、会社のポリシーを明文化すると良い

以上、「今、ガチャガチャビジネスが熱い ガチャガチャ専門のおもちゃメーカーとは、」についてでした。

タイトルとURLをコピーしました