進化系おはぎ?! おはぎの専門店というビジネス!

おはぎの専門店というビジネス!商品

進化系おはぎ?! おはぎの専門店というビジネス!

昔からの和菓子のひとつに、
はぎ
があります。

おはぎは、おもちに比べると、手軽なおやつという感じですが、今は、
和風スイーツ、創作系おはぎ
として、おしゃれなおはぎのお店が複数あります。

それらを買いにこられるお客さんの客層も、従来のおはぎのお店とは異なって、
若い層
になっています。
昔からある食べ物を新しい形にブラッシュアップして、
新たなユーザー層に向けた商品
として提供するという良い例です。

昔からある食べ物は、それだけ慣れ親しんだものですので、
全く新しいものに比べて、抵抗感が薄いく、ハードルが低い
と言えます。

創作系おはぎのお店

おしゃれなおはぎのお店としては、下記のような先があります。

ohagi3(名古屋)

名古屋のお店ですが、浅草と町田にも出店されています。
いわゆる、「創作おはぎ」で、おしゃれなおはぎを提供されています。
お店も、一見、和菓子のお店には見えないようなデザインになっています。
そのほかに、おはぎとアイスを組み合わせたスイーツもあります。

おはぎと大福(東京)

東京の神楽坂という、料亭などがあるエリアのお店です。
無添加てづくりのおはぎで、昔ながらの素朴な感じになっています。
下記ホームページのイラストがすごく素敵です。

食べログはこちら

タケノとおはぎ(東京)

定番の「こしあん」と「粒あん」のほか、「レモンとココナッツ」や「藻塩と八重桜」など、趣向をこらしたおはぎがあります。
お持ち帰り用の器も、かわいい、かわいい木箱がつかわれていて、こだわりが感じられます。
食べログはこちら 

おはぎ屋もともち(山梨)

富士山麓の河口湖の湖畔にあるお店です。
こちらも、センスのよいおはぎのお店です。
富士山も見えて、ロケーションも良さそうです。

森のおはぎ(大阪)

こちらも、かわいいおはぎをたくさん揃えておられます。
大阪の豊中ですので、昔、大阪万博があった場所の近所です。

(参考)大阪で有名な「おはぎの丹波屋」

※大阪エリアは、「おはぎの丹波屋」という昔からのチェーン店があります。
おはぎだけでなく、お団子とか、お赤飯とか、おもちとかいろいろあって、根強い人気があります。

創作系おはぎのお店の特徴

上記のおはぎのお店の特徴としては、どのお店も、
・おはぎのバリエーションが多く
・見た目も楽しめる

という点に加えて、
・お店自体もデザインセンスの良いつくり
になっているという点です。

最初から若い層を意識したお店づくりをされています。
むかしからの食べ物が、提供の仕方を工夫して需要が広がっていってますので、いろんな意味で価値のあるビジネスのカタチと言えます。

まとめ

・むかしからある食べ物も、アレンジすることで、新しい層にもアピールできる
・お店のつくりかたも、客層を意識したものにすると良い
・パッケージなども含めて、トータルでのデザインも重要といえる

以上、進化系おはぎ?! おはぎの専門店というビジネス!についてでした。

タイトルとURLをコピーしました