ししゃもパン(ししゃも+クロワッサン)って何? ユニークな形状のパンは、起業のヒントになるのか?

ししゃもパン(ししゃも+クロワッサン)商品

ししゃもパン(ししゃも+クロワッサン)って何?

京都
キキダウンステアーズベーカリー
というパン屋さんは、インパクトのあるパンを販売されています。
その名も
ししゃもパン
です。

そのビジュアルは、こんな感じです。
(ツイッターより▼)


すごくインパクトがあります。
ししゃもが、クロワッサン生地をまとって焼かれています。
以外に、魚とクロワッサンの相性もよく、地元では人気になっています。
店主さんが、たまたま、ししゃもとクロワッサンを一緒に食してらして、おいしかったことで始められたようです。
また、ししゃもだけに、お酒のあてにも合うようです。

発想として、
「クロワッサン プラス 〇〇」の食材の相性

「ビジュアルのインパクト」
を意識していけば、他にも何かこれまでにないパンができる可能性もあります。

キキダウンステアーズベーカリー
食べログサイト ▼

ユニークなパン、いろいろ

他にもユニークなパンとしては、下記のようなものもあります。

■つるやパン
最近、マスコミでも取り上げられています。
名物の「サラダパン」の具材は、「おつけものの千切り」です。歯ごたえがあっておいしいです。

■ベーカリー兎座LEPUS
うさぎをモチーフにした各種パンで人気のお店です。

■しーらかんすCafe
シーラカンス型のパンケーキを提供されています。


ひとつの目玉商品があると、そのお店の認知度もアップし、ビジネスとしてメリットがあると言えます。
目玉商品をつくる一つのアイデアが、
その形

素材
です。
そう考えると、ししゃもパンって、なんだか、素敵やん(京都弁で)。

まとめ

・以外な食材の組み合わせで、新たな商品の可能性が広がる
・ビジュアルのインパクトがあると、話題性にもつながる
・組み合わせる食材によっては、例えば「お酒のあてになうパン」のような提供シーンとあわせて企画すると、発想の幅が広がる  

以上、「ししゃもパン(ししゃも+クロワッサン)」についての情報でした。  

タイトルとURLをコピーしました