全国チェーン店の最初のお店にみる、地方発のビジネス

全国チェーン店の最初のお店ローカルビジネス

全国チェーン店の最初のお店

全国区の有名なチェーン店も、最初は、
地方の小さなお店
からスタートしたケースが数多くあります。

そんな有名全国チェーンの
最初のお店
を取材した本があります。

北は、
北海道のびっくりドンキー
から、南は、
長崎のリンガーハット
まで全部で、152のチェーンの最初のお店がカラー写真で掲載されています。
(一般の本屋さんでは見かけたことはなかったのですが、ブックオフで見つけて購入しました。)

それぞれのお店のエピソードもおもしろいです。

お店のエピソード

びっくりドンキーの場合

例えば、びっくりドンキーの場合は、
最初の店名は、社内の公募で「ドナルド・ダック」だったのですが、ディズニーの日本進出の際に、諸事情!が発生する前に、「びっくりドンキー」に変更したり、また、最初はお金が無いので、社長が山で切ってきた木や廃材を磨いて、お店の装飾をしたなどなど。

天下一品の場合

ラーメンの天下一品は、京都の北白川に本店がありますが、本店のスープは、他のお店と比べて、「濃いのでは、、?」といったことが書かれています。
私も、天下一品の北白川本店は、何度も行ったことがあるのですが、確かに、天下一品の濃いスープが、更に濃いように感じたことがありました。

サイゼリアの場合

また、サイゼリアは、千葉の本八幡という駅前の2階のテナントの、15席ほどの小さなお店からスタートしています。
今は、サイゼリアの教育記念館になっていますが、本当に、小さなお店です。
そこから全国展開して上場もされてているんですね。

その他

丸亀製麺の1号店は、丸亀ではなく、兵庫県の加古川だったりします。

お好み焼きの道頓堀の1号店は、大阪ではなく、東京都の福生市です。

ルーツのお店を見ることでの成功のポイントのヒントになる?!

ルーツを探るということは、なかなか興味深いものがあります。

もちろん、
大戸屋さんのようにゴタゴタがあったり、CoCo壱番屋さんのように経営母体が変わったりする場合もありますが、いずれにしても、最初のスタート地点に焦点をあてて取材されているところが、ユニークです。
飲食店を始められる方、既に運営されている方のヒントとなるような情報があるかもです。

特に、
今では全国区のお店も、最初は、地方の小さなお店からスタート
されている場合も多々あります。
地方でのビジネスのヒントになるような点もあると言えます。

全国飲食チェーン本店巡礼 ~ルーツをめぐる旅~(Kindle版)▼


全国飲食チェーン本店巡礼~ルーツをめぐる旅

▼著者のサイトはこちら 「本店の旅」

まとめ

・全国展開しているチェーン店も、1号店は、地方の小さなお店からスタートしたケースが多くある
・個性的なお店も多く、独自の工夫をされている
・最初のお店に、全国展開する為の成功のポイントがあるかも。

以上、「全国チェーン店の最初のお店」についての情報でした。

タイトルとURLをコピーしました