製麺所の直営店という、ローカルなビジネス

製麺所の直営店ローカルビジネス

製麺所の直営のお店

製麺所が直営しているタイプの食堂があります。

本場は、やはり、四国のさぬきうどんですが、他のエリアにも、
製麺所に併設された食堂
があります。

製麺所の直営店のメリット

製麺所の直営のお店について、利用する側の魅力としては、
できたての麺を食べることができる
ことと、
お値段もリーズナブルな場合が多い
という点があげられます、

また、経営的にも、
BtoC
のモデルですので、毎日のキャッシュでの売り上げが見込めます。

製麺所以外の食品メーカーも、内容によっては
直販店
を経営することで、本業との相乗効果の高いモデルと言えます。

例えば、餃子を作っているメーカーが、餃子定食のお店を出されているという事例もあります。
あるいは、常設のお店が難しい場合でも、
月に数回、臨時店舗を開く
といった方法をされているところもあります。

工場に併設したお店は、お得感がありますので、やり方次第では、ユーザーにとっても魅力があります。
経営的にも、リスクを押さた施策のひとつと言えます。

各地の製麺所併設のお店

製麺所併設のお店としては、下記のような先があります。

■めんこや岡安 手打ちうどん そば食事処(埼玉)

うどんとおそばの2色盛り、つけ汁の種類がいくつかあります。

■中本製麺おっどん亭 (長崎県)

有名な五島うどんのお店です。
地獄炊きうどんというメニュー、インパクトありますね。

■はや川(東京)

こじんまりしたお店です。
うどんやおそばの他、「あんかけ焼きそば(370円)」といったメニューもあります。

食べログのサイトです ▼

■野口製麺所(大阪)

かまたま(小)150円、激安です。

食べログのサイトです ▼

■辻麺食堂(栃木)

やきそば(小)350円の他、各種定食もあります。
食べログのサイトです ▼

製麺所併設店は、ローカルビジネスとしても相性が良い?!

実際に、製麺所の運営を検討する際は、
その立地
を検討する必要があります。
例えば、製麺所が、幹線道路に近い場所や、ビジネス客が見込める立地の場合は、立地的には、良いと言えます。
もっとも、香川県のように、
郊外の人の通りもあまりない場所に、うどん屋さんがあるケース
もあります。
わざわざ、そこに足を運んで食べにいかれるわけですが、他の地域の場合、やはり、温度差もありますので、その点を差し引いての判断になってきます。
いずれにしても、立地の問題がクリアできれば、ローカルなエリアのビジネスとして、可能性のある形態と言えます。

まとめ

・製麺所などに併設されているお店は、できたてが食べられ、価格的にもお得感がある
・製麺所に限らず、食品を製造している工場によっては、リスクを押さえた事業展開といえる
・BtoCのモデルであり、日々の売り上げもキャッシュではいってくる

以上、製麺所の直営店という、ローカルなビジネスについてでした。

タイトルとURLをコピーしました