「古墳カード」っておもしろい、地方のユニークビジネス?!

「古墳カード」っておもしろい、地方のユニークビジネスローカルビジネス

「古墳カード」っておもしろい

どんな分野にも、コレクターと呼ばれる人がいます。

その中でも、子供たちにも人気なのが、
カードのコレクション
です。
日本では、「遊戯王」などのカードゲームが有名ですが、海外でも、「マジック:ザ・ギャザリング」というカードゲームが有名で、希少なカードには、高額な値段がついています。
最近では、投資目的でレアなカードを購入する人もいます。

このカード人気を、地方の活性化に活かす方法がないのでしょうか。
すでに、ありました。

それは、
「古墳カード」
です。

群馬や、大阪の古墳が多い地方では、
「古墳カード」
を発行している地域があります。

地方の古墳カード

群馬「古墳カード」

百舌鳥・古市古墳群の古墳カード

また、
大阪の藤井寺市、堺市、羽曳野市でも、百舌鳥・古市古墳群の
「MOZU-FURU CARD」
が発行されています。

カードコレクターと、古墳マニアには、興味深いカードです。

※既に、ヤフオクでも出品されていたりしますが、販売目的で収集するのは考えものですね。

地域に関連するテーマで、カードを発行すると、そのエリアへの集客につながる可能性もあります。
史跡に関するものや、最近ではアニメの聖地と呼ばれるエリアもありますので、そういったテーマでもおもしろいですね。

=補足=古墳について

古墳の数は、エリア的には、西日本、特に関西が多いイメージがありますが、関東圏も多いんです。

1位)兵庫県:18851
2位)鳥取県:13486
3位)京都府:13016
4位)千葉県:12765
5位)岡山県:11810

(群馬県は、3993で11位)

参考 『平成28年度 周知の埋蔵文化財包蔵地数(古墳・横穴)』(文化庁調べ)

なぜ、関東圏に古墳がたくさんあるのか、不思議な感じもしますが、古代においては、日本の中心は関東圏にあって、その後、
鹿島(鹿島立ち)から、九州経由で関西方面に移った(東征)
という説があります。

詳しくは、こちらの本が参考になります。
ご興味がある方はどうぞ。


高天原は関東にあった 日本神話と考古学を再考する

(参考)埴輪と土偶+土器&青銅器のガチャガチャ

話しは変わりますが、
埴輪と土偶+土器&青銅器
のがちゃがちゃがあります。

このリアリティー、本物です。

画像;下記エポック社のサイトから引用

■埴輪と土偶+土器&青銅器

古墳に関連するビジネスの可能性

百舌鳥・古市古墳群は、世界文化遺産に登録になっているので、関心が高まっています。
全国各地の古墳の中には、住宅地の近くや、ゴルフ場の中にあるものまでありますが、普段は、あまり意識しないことも多いでしょう。

古墳に関わるいろんなグッズがでることで、身近の古墳にも興味をもつ人が増える可能性もあり、いろんな商品が企画されることを切に願います。
また、そのことがきっかけで歴史に興味をもつちびっこも増えると良いですね。

ちなみに、古墳に使われる土は、どこから運ばれてきたのでしょうか?
一説には、
周辺の田畑を開墾した際の残土を盛ったもの
と言われています。
確かに、豪族がいたということは、それを裏付ける経済力が必要で、その原資が、農作物ということを考えると、合理的な説明がつきます。

近年でも、住宅地の開発の際の残土を、近くに公園に盛って小さな山のようにして、上に登れるようにしている場所もあります。
近所の公園の小さな山は、通称、「おっぱい山」と呼ばれています。

まとめ

・カードコレクションは、根強いファンがいる。
・地域に関連のあるテーマで、カードを発行することで、そのエリアへの集客が見込める可能性があす。
・カードコレクションは、子供にも人気があるので、学習効果のあるテーマでも良い。

  以上、「古墳カード」についての情報でした。  

タイトルとURLをコピーしました