地方の人気コーヒー専門店、ご当地カフェは地方ビジネスの好例!

地方の人気コーヒー専門店、ご当地カフェは地方ビジネスの好例ローカルビジネス

地方の人気コーヒー専門店、ご当地カフェ

各地に、人気のコーヒーチェーンがあります。

今や全国区のコメダコーヒーも、もとは、1968年1月に名古屋で創業された地方のコーヒーチェーンでした。
ちなみに、コメダというネーミングは、米屋で、「コメ屋の太郎」(創業者の名前が加藤太郎)にちなんでつけられたと言われています。

地方に根付いたコーヒーのお店は、ローカルなビジネスとしても、ひとつの良い例と言えます。
また、地元で展開した後に、都心部への出店をするというケースもあります。
そういった場合、地元から都心部へ引越しした人が懐かしさもあって利用する場合もあると思いますが、やはり、そのお店の独自性によるところが大きいのでしょう。

地方で有名なコーヒーチェーン

さて、地方で有名なコーヒーチェーンとしては、下記のようなお店があります。

■サザコーヒー(茨城)

■丸山珈琲(長野)

■ナガハマコーヒー(秋田)

地方の人気コーヒー専門店にみる地方ビジネス、ローカルビジネスのポイント

これらのお店に共通していることは、
・コーヒーのクオリティーが高い(スペシャリティーコーヒー)
・ゆったりくつろげる雰囲気
・客単価も高いが、ユーザー満足度も高い
といった点が上げられる。

「味と雰囲気」が抜け出ています。

また、歴史のあるコーヒー店としては、イノダコーヒーがあります。

池波正太郎さんが『むかしの味』(新潮社)に、
「京都に行った際は必ず立ち寄る店」
と紹介されています。


むかしの味 (新潮文庫)

ミルクとお砂糖は、既にはいった状態で提供されます。
なんだか、昭和っぽい感じですね。

■イノダコーヒー

地域に根ざした本格派のコーヒー店、ご当地カフェも地域を元気づけるお店のひとつです。

まとめ

・本格的な味がリピート客を得る為のポイント
・落ち着いた雰囲気の店づくりで、高価格でも支持を得られる
・その店オリジナルのメニューが必    

以上、地方の人気コーヒー専門店、ご当地カフェは、地方ビジネスの好例、についてでした。  

タイトルとURLをコピーしました