「水上クルーズ」「水上タクシー」という地方ビジネスのアイデア

「水上クルーズ」「水上タクシー」という地方ビジネスのアイデアローカルビジネス

「水上クルーズ」「水上タクシー」は、地方起業のアイデアとしてはどうなのか?!

商業エリアや居住エリアの街の近くや、観光地に、海や大きな川や湖がある地域ですと、
水上クルーズや水上タクシー
といった、
水上交通のサービスも、ビジネスアイデアのひとつといえます。

ただ、実際の需要の面からすると、
リピーターをいかに確保するか
という点が最大のネックになってくると予想されます。

釣り船などの場合は、釣り好きの人がリピーターになってくれて、また、利用時間が長い分、ある程度の単価設定ができるという一面があります。

しかしながら、下記の大阪の御舟かもめという会社は、新しい視点で、水上クルーズのビジネス運営されておられます。
他の地域で、こういったサービスが広がるといいですね。

水上クルーズの会社

御舟かもめ
という大阪の会社は、新規のビジネスとして、大阪市内で、水上クルーズのサービスを展開されておられます。
街の近くに、大きな川などがある地域ですと、こういったサービスが、地域活性化のひとつとなると言えます。

広島リバークルーズ
広島にも、水上クルーズの会社がありました。
遊覧船という趣きです。
(門司港でも同様のサービスをされてます)

水上タクシーについての考察

水上タクシーというと、なかなか、日常で使うシーンは少ないようです。

水上タクシーは、Wikipediaでは、

水上タクシー(すいじょうタクシー)は、小型船舶を利用したチャーター船。海上を行く場合、海上タクシーとも呼ばれる。

とあります。

利用シーンとしては、海や川、あるいは湖ですが、
現状、実際に営業している事業者は少ない状況です。

地域の観光資源との相乗効果

日常生活に密接したサービス
など、ある程度、安定した需要が見込めるようですと、地域の活性化にもつながっていきます。

ちなみに、江戸時代の江戸の街は、水路が発達していたので、
「猪牙舟」
という小型の船が、いわゆる小型タクシーのような役割を担ってました。
舳先(へさき)が、猪の牙のように尖がっていたので、「猪牙舟」と呼ばれてたんです。
時代小説にも、よく登場しますね。
ベネチアのゴンドラ船にようなものですね。

引用 コトバンク
猪牙舟

引用 コトバンク 猪牙船

さて、水上タクシーとしては、下記のような先があります。

雁木タクシー(広島)

【海外】パリの水上タクシー
船体が、おしゃれです。

安定した事業とする為には、なかなかハードルが高そうです。

まとめ

・国内では、事業者は少数
・地元ユーザーのリピーター確保が重要
・事業化には、行政面のハードルもある
(営業に関する申請や、場所によっては船体の係留場所も行政の許可が必要)
(参考) ※水上タクシーは海上運送法第20条2項の「人の運送をする不定期航路事業」に該当します。

以上、「水上クルーズ」「水上タクシー」という地方ビジネスのアイデアについてでした。

タイトルとURLをコピーしました