夏の風物「和菓子」、定番の地方ビジネス

夏の風物「和菓子」、定番の地方ビジネスローカルビジネス

夏の風物 和菓子

それぞれの地方には、季節の人気商品があります。

季節感のある商品で、その時期がくれば、地元の人たちが、
決まって毎年買いに来られる
という
人気商品
です。

お店としても、季節の人気商品があると
安定的な売り上げ
を確保でき、また、
地元の人たちに愛される商品を持つ
という誇りにもつながります。

各地方にそういった
季節商品
がありますが、
夏の風物の「人気の和菓子」
としては、下記のような商品があります。

地方の定番 夏の風物「和菓子」

金蝶園饅頭の水まんじゅう(大垣)

大垣の夏といえば、水まんじゅうです。
店先で、井戸水で冷やした水まんじゅうが季節感を感じます。

こんな感じです↓

金魚鉢 幸楽屋(京都)

有名な「金魚鉢」に見立てた和菓子です。
涼しげで、かわいい和菓子です。

お店のサイトが無かったので、下記サイトをご参照下さい。
和菓子魂!

その他の涼し気な和菓子

長門屋

Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア(会津)

羊羹ですが、真ん中が透明になっています。
グッドデザイン賞も受賞されてます。

とらや 若葉蔭

こちらも、寒天の中に金魚が泳いでます。
もちろん、季節商品です。

不老園 水面 (名古屋)

寒天とあずきのシンプルな組み合わせですが、なんとも涼し気です。

夏の和菓子と地方ビジネス

夏の定番の商材があると、経営的にも良いですね。
やはり、和菓子や洋菓子に定番の商材が多いですが、そのほかにも、
現状の商品ラインナップをヒントに何か、夏向けの商材
の企画を検討してみると、可能性が広がるかもしれません。

まとめ

・季節感のある商品
・見た目や販売の演出に工夫がある(印象に残るように)
・素材など品質の高いものを維持する  

以上、夏の風物「和菓子」、定番の地方ビジネスについてでした。

タイトルとURLをコピーしました