「焼き芋専門店」というローカルビジネスの可能性

「焼き芋専門店」というローカルビジネスの可能性ローカルビジネス

焼き芋専門店

「焼き芋」といえば、軽トラでの移動販売が一般的ですが、
店舗を構えて、地元密着型のお店
もあります。

一般的には、
女性の「焼き芋」好き
ということもありますので、価格設定や、品質さえ間違わなければ、ある程度、安定した売上が期待できます。
ただし、季節変動があるのがネックにはなります。

女性の「焼き芋」好きの理由としては、
・お酒のかわりに、甘い野菜を好む
 (お酒を絶つと甘いものが食べたくなるのと、同じ理由)
・サツマイモの繊維質を欲する
 (便秘の解消)
・暖かい焼き芋で、体の冷え防止
などが言われてますが、明確な理由ははっきりとはわかりません。

いずれにせよ、スィートポテトというお菓子もありますので、スィーツの一種と考えれば、納得です。

また、夏の時期の「焼き芋」としては、
「ひやし焼き芋」
があります。

最近は、複数のお店で販売されています。
最初に
「冷やし焼き芋」
を考えた人は、
大阪のキタかミナミの月極駐車場の横で焼き芋店を営まわれてた男性の方
だったと記憶しています。
まさに発明です。

いまでは、冷やし焼き芋も提供されているお店も複数あります。

また、店舗の様態も、
 専門店
で1年を通して営業されているお店も各地にあります。

焼き芋専門店

「やきいも 丸じゅん」

愛知県碧南市のお店

こちらのお店は、以前に、テレビ朝日の「人生の楽園」でもご紹介されていました。

やきいもLabo

札幌市のお店

蜜香屋

大阪のお店

焼き芋専門店とローカルビジネス

焼き芋のお店は、まさに、
地域密着型
のお店と言えます。
リピーターも期待できますし、何といっても、無添加の自然食品ですので、子供にも安心して食べさせられます。
また、販売方法として、店舗と軽トラでの移動販売を併用するという方法もあります。

ただ、一番のネックが、
季節変動
です。
1年の稼ぎを、焼き芋のシーズンで稼いでしまうという発想もありますが、年間を通して、売上げを確保する方法がポイントになってきます。

まとめ

・焼き芋は、安定した需要が見込める
・季節変動がある為、暑い時期の対策が必要
・収穫後の熟成期間も必要が為、場所の確保が必要
・焼き方も複数の方法がある

以上、「焼き芋専門店」というローカルビジネスの可能性についてでした。  

タイトルとURLをコピーしました